陰キャがオフラインイベント開催してみた結果www

ふー。

さて、何から書けばいいものか。とにかくありがたかった、楽しかった、くっそ疲れた。そんな2日間でしたね。それだけで完走した感想は終わりでも良いのですが、いろいろ残しておきましょう。

なお、わたくし文章を書くのがクッソ下手くそなので、かなり見づらいと思います。書き始めて2週間経ってしまったw

イベントのきっかけ

まず事の発端は昨年末にスタッフとしてRTA in Japanにちょろっと参加させていただき、札幌でもこんな感じのイベントやれればええなあとぼんやり思っていて、1月頭くらいにやったニコ生での雑談配信中に今年の目標としてメモ帳に「RTA in 札幌」をやると残していました。

当然陰キャな僕はすぐに動ける訳ではなく、3月くらいまでは誰かやらんかなあくらいに思ってましたね。何かあったら参加するけど、誰もやらないならワイが勝手にやったろくらいの気持ちでした。

また、だいたいそれくらいの時期に何やら北大RTA研究会なる組織がイベントバーを借りて何かやるという情報を見つけ、札幌でもこういった活動してる人いるんだからちょっと大きめなオフラインイベントも出来るなと感じ、ますますやる気が出てくるようになりました。

さらに元号が平成から令和になった今年、新たなことを始めるのにちょうど良いきっかけだと感じたため、令和になったその日にTwitterフォロー内のRTA関係者かつ札幌市民数人に「やってみませんか?」とDMを送りつけました。運の良いことに送った全員が快く協力してくださることとなり、本当にありがたく思っています。

さて、オンラインでのイベント運営は経験あるけどオフラインのイベント運営って何をやるんだろう?

会場は?費用は?日程は?どれくらいの規模で?配信は?とにかく分からないことだらけの状態から始まったわけです。何も決まっていないので初めの頃はまともにコミュニケーションも取れず、申し訳ない気持ちでした。

そこでタイミング良く、すでに名古屋でオフラインイベントを開催されていたHistさんが、「イベントの開き方」という配信を行われており、いろいろとお話をさせていただく機会を得ることが出来ました。細かいことはともかく、主催としての姿勢やRTAイベントに対する思いなど、良い意味で思ったより気軽にやっていいんだなと感じましたね。

とにかく何から手をつければいいかすら分からないから、その時に必要なことをやろうと決め、実際に日が経つにつれ、そのとき必要なものが見えてくる度に都度用意していくこととなります。何かあってもまあ初めてだからしょうがないよねって感じで、負担をかけないように心掛けていたつもりです。

プラスアルファを考える

僕の悪い癖でもあるんですが、自分のやりたいと思ったことをスムーズにアウトプットできず、なかなか人に伝えることが難しいんです。ぼんやりと自分の中でだけ考えて当日急にやってしまうといったことが多々ありました。

例えば、RTAをリレー形式でやるとして、セットアップ中の時間という視聴者にとっては暇な時間が存在するわけです。運営にとっては機材の入れ替えなどで忙しいんでしょうが、そんなことは視聴者には関係ありません。その時間を利用して何か出来ないかと考えた結果が、あの料理配信でした。

RTAがメインのイベントにも関わらず、全く関係ないことをするのは邪道だとか寒いとか思われがちですよね。

ただ僕は何か変わった形でやることが好きで、「他のオフラインイベントと同じことを場所を変えてやっただけ」という風にはしたくなかったわけです。

だからこそ料理もしたし、カメラを2台用意してちょくちょく移動しながら撮影したりと、本来なら不要な部分があったと思います。

基本的なTwitchの配信方法とか、機材の扱いなども不明確な部分があったにも関わらず、とにかく自分がやりたいことをやって楽しもうという思いで、押し通させていただきました。

ただ前述した通り、走者やスタッフにうまく伝えることが出来ておらず(コミュ障乙wwwってやつです)、戸惑いを感じた方もいるかもしれません。そこは反省すべき点ではあるんですが、おそらく僕がイベントをやる限りは今後も急におかしなことをやらかしだすと思いますね。

だって事前に告知しておいてその通りにやるのって、ぶっちゃけつまらなくないですか?

今回オフラインイベントをやらせていただくにあたり、もちろんRTAがメインですしそこを疎かにしてはいけないんですが、オフラインならではの楽しみ方を大事にしたいとずっと考えていました。

また、ただでさえRTAなんていう一般的にはマニアックな遊びをやっているのに、他のこともよく分からないことをやっても楽しくないわけで。

自分に出来ること、かつ、見てる方にも共通して分かることをやるべきだと考えて、今回は料理という選択になりました。あれが面白かったかどうかはさておき、「RTAのイベントで突然料理配信したらこうなる」という結果を残せたのは自分のなかではとても大きいです。

何より楽しむこと

最近つくづく思う(昔から思ってたことではあるが)のは、RTA配信に解説って必要か?ということです。

もちろんその作品に興味をもってもらうとか、RTAとして魅せたいテクニックだとか、そういった理由で多くのRTAイベントでは必ずと言っていいほど、解説する方の枠が設けられています。

あくまで僕の見解でしか無いんですが、RTAのテクニックとか作品のストーリーなんてのは個人個人で調べて理解するものであって、その場で話すことでは無いのかなと。動画ならまだしも、生放送ですることか?という疑問です。

はじめから興味の薄いゲーム作品であれば、良くて流し見をするだけ、最悪全く見ずにスマホいじってるだけというのが大半だと思います。

今回イベントを開催してみて思ったことですが、視聴者が本当に見ているのはゲーム内容やRTAの細かいテクニックなどではなく、あくまで「走者に焦点を合わせている」ということです。

そもそも僕らRTA走者が一秒でも早くクリアするためにチャートを組んだりバグを研究したりするのは何故か。「自分のプレイで」出来るだけ早くクリアしたいからですよね。

上手いプレイ内容を見たいだけならTAS動画を見ればいいし、ストーリーが知りたければ自分で遊んだり適当なプレイ動画でも見れば良いんです。

RTAは「人間がプレイする」からこそ魅力を感じ、どこまで早く、どこまで突き詰められるかといった遊び方です。RTAを見ている視聴者も同じで、「プレイしている人間」に魅力を感じていると思います。

かといって特に面白いトークが出来なければならないという訳ではなく、走者自身が楽しんでプレイしている姿を見せるということが何より重要だと感じました。

今回のイベントで一番盛り上がり、Twitchダイジェストの再生回数も一番多かったのはロマサガ2ですが、もちろんサブフレームリセットのインパクトは大きかったのもあるんですが、何より今回の走者のなかで一番楽しみながらプレイしていたのはもっちさんだと思います。

これがクソ真面目にサブフレームリセットについて理論の解説をしながらひたすらリセットを繰り返すだけのプレイだったなら、あそこまで盛り上がる結果とはならなかったでしょう。

個人的にはゲームをバグらせて遊ぶやり方が好きなので、そっちの方面に力が入ってるように見えますが、バグなしはバグなしで戦術だったりテクニックだったりそれぞれの作品ならではの面白い、魅力的な部分がたくさんあります。

詳しい理論の解説をやるより、楽しみながらプレイする姿の方が多くの人に見てもらえるという事実ですね。これはYoutubeなどのゲーム実況動画と同じ構図となっていて、プレイが上手いだけの動画より、トークが面白く楽しみながらプレイしている動画の方が伸びる傾向があります。

こういったことから解説の存在はそれほど重要でなく、プレイヤー自身が楽しんでいるかいないかを重視することが、今後RTAを広めていく上で必要だと感じました。

おわりに

細かい反省点とかは多々あるんですが、今回のイベントについて自己採点するとしたら100点満点中、20点ですかね。

・2日間会場が絶えず盛り上がっていた +30点
・好きなことを好き勝手にやることができた +30点
・集まってくれた走者やスタッフがみんな優秀だった +40点
・主催が無能だった -80点

やっぱりコミュ障陰キャ根暗マンの僕には主催という立場は難しかったですね。でもいつまで待ってても札幌でこういうイベント開かれないんだもの。やるしかないじゃん?

結果いろんな方々のご協力を得て、大きな事故もなくイベントを終えることが出来ました。心より感謝申し上げます。

ただイベントの最中は疲れから気を抜くとすぐに寝そうになることがあって、老体とはいえちょっと体力つけないとアカンなと思いました。

せっかくこういったコミュニティが出来たので、もちろん1回限りでなく今後も続けていこうと思います。ご迷惑をおかけいたしますが、今後ともSapporo OfflineSpeedrunをよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です