【運営思考】新しいRTAイベント・大会の形式

様々なRTAの見せ方を考えよう

基本的にRTAは1人でゲームをプレイして時間を計測する遊び方なのですが、それを複数名でやることでこれまで様々なイベント・大会が開催されてきました。

その中でも特に多い形式が「駅伝形式」「リレー形式」です。

「駅伝方式」は前回の記事(下記)でも触れた通り、チームを組み、順番に複数のRTAを行って競うのを見せるやり方ですね。

一方、「リレー形式」は文字通り、次々とRTAをリレーして見せる形式で、RTA in JapanやGDQといった主にオフラインイベントで取り入れられているやり方です。

上記2つのやり方が主流で、長く続けられている大会やイベントはこれらの形式を採用しています。

ゲームをクリアする時間を計測することから、実際の陸上競技における短距離走やマラソンなどに倣い、「RTAを走る」という言い方が浸透しているため、「駅伝」や「リレー」といった形式が直感的に分かりやすく、主流になるのは自然なことだと思います。

しかしながら、僕個人としては、あまりそのやり方に満足していません。

もちろん駅伝やリレーの形式が嫌いというわけではないのですが、逆にそれしかやらないのもどうなの?という気持ちがあるのです。

そこで今回は過去にオンラインで開催されていた事例から、まだどこでもやってないけどこういう形で見せるのも面白いかなと思ったやり方を紹介します。

もし運営を行う方の中で「こういうやり方もアリだな」と思ったら、ぜひ企画してやってみてほしいです。

RTAに新機軸を!大会企画のご提案

新しいことを始めるのは不安も多く、二の足を踏んでしまうことがあると思いますが、どこでもやったことが無いことをやる経験はとても大きなことです。一度やってみてダメなら他のことをやればいいし、良いと思ったら継続して開催することで「駅伝」「リレー」に続く新たなRTAイベントの機軸になるかもしれませんよ?

熱い戦い!対戦バトル形式によるRTA

リレー形式の大会でもゲームによっては「並走」として2人(またはそれ以上)でプレイすることがあります。単純な話、並走だけの大会をやってしまおうという形です。

普通に1人でプレイするよりも、タイムを競うという観点から、複数名で走る方が競技性が高まり、追いつけ追い越せの白熱した戦いぶりを見せることができます。

過去に僕がニコニコ生放送で初めて主催を行った「SaGa 1 GrandPrix」という企画があり、各ゲームタイトルごとに1対1で競ってもらう形式で開催させていただきました。

このときは走者の参加方法も少し特殊で、走者自身で対戦したい相手とコンタクトを取って双方の了解を得た後に応募フォームに投稿する形と、一般リスナーの方から「この人とこの人の戦いを見たい!」というリクエスト形式で募集を行い、運営での選考後にこちらから走者に了承を得て実現する形を取りました。

2013年に企画したイベントですが、当時としては「対決企画」というものが珍しく、走者も良い人材が集まり、かつ大差がついた勝負がほぼ無かったため、全般を通して盛り上がっていたのを覚えています。

また、この形式を採用した大会として「ごちゃまぜRTAタイマン対決」でも運営の一員として企画・開催いたしました。

こちらの企画では走者募集は行わず、運営が(勝手に)走者を選出し、競わせる形式を取りました。ゲームごとに当時のニコ生で上位のプレイヤー同士による対決ということで、2日間を通して楽しめた企画になったと思います。

このような対決形式の企画では、駅伝やリレーと違い、配信時間の配分がやりやすく、開催する運営やスタッフにとって負担が重くなりづらい傾向にあります。また、視聴者にとっても比較的見やすい時間帯で全行程を行うことが可能で、どんなゲームであっても競争自体が熱いものとなるため、RTA自体のアピールにもなると思います。

また、バトル形式の大会が可能ということは、トーナメント形式やリーグ戦形式などに派生させても面白いですね。

実際に昨年末の「RTA in Japan 3」にて、「本将棋 内藤九段将棋秘伝」を用いてトーナメント形式で競う企画が行われ、盛り上がりを見せたのが記憶に新しいところです。

ゲームおよびルールの性質上、上記の動画に収まる程度の時間でトーナメントが終わってますが、たとえ1回に数時間かかるゲームのRTAであっても、全行程を1日でやる必要もないので、数日に分けて開催という感じで実現することは十分可能です。

自分に挑戦!自己更新形式によるRTA

RTAには自分との戦いという面があります。speedrun.comなどの記録集に載せる等を目的として他人と競って記録を狙うのもモチベーションの一つとなりますが、自身の過去記録に対して1秒でも早くクリアできれば自己ベスト更新となり、そこだけを目指しているプレイヤーも少なくありません。

そういった自分との戦いを複数名でやってもらおうという企画形式です。

具体的には、一定期間内に既定の回数分だけRTAを行い、そのベストタイムを比べてたり、アベレージを計測して比べる等の方法が考えられますね。

一つ参考になるのはニコニコ生放送で行われた「DQRTA天下一武道会的な何か」という企画で、約1か月の間にDQ1~6のいずれかの作品で計15本のRTAを行って競うというルールで開催されていました。

走者には前もって「出走宣言」を行ってもらった後にRTAを計測し、そこからどんな結果であろうとも1回としてカウントします。 そのため、単純に15回完走すれば良いというわけではなく、事故などによる「途中リタイア」でも回数にカウントされてしまうところが、一種の競技性を高めている要素となります。

「第3回DQRTA天下一武道会的な何か 」の結果一覧より抜粋。
しっかりとリタイアも回数に含まれている。

なお、他の形式と違い、複数人の並走である必要がないため、運営によるミラー配信が不要で、出走申請に対して随時管理を行うのみで、大きな負担となりません。

さらに走者が各自のタイミングで出走することから、参加人数に制限がなく、誰でも自由に参加できますし、視聴者側にとっても好きな配信者を選択して視聴することができるので、大会とはいえかなりフリーダムな催しとなっています。

一定期間終了後には多くのデータが集計されるため、結果発表の配信ではかなり壮観な内容が見せられると思います。

また、タイム計測の他にも使用するチャートや順位などによるポイント制で競う方法も面白いです。こちらも過去に開催されたもので「アンサガラリー」という良い事例があります。

採用されたゲームはタイトル通り「アンリミテッド:サガ」ですが、主人公が7人のうちから1人選択(しかも主人公によってストーリー等も異なる)できたり、攻略方法によっては違うルートが選択できたりと、ただアンサガRTAといっても様々な要素が存在します。

そのため、計測タイムはあくまで順位付けの要素とし、完走した主人公のキャラクター数や攻略ルートによってボーナスポイントが付与されるなど、ただRTAを走るという競技性のみではなく、積極的にポイントを取りに行く戦略性が必要となります。

この形式では1つのゲーム作品やゲームタイトルのシリーズ作品で開催されてきましたが、そういった枠に捉われずに、思い切って「任天堂作品」とか「プレイステーション2作品」というように、いくらでもルールの風呂敷を広げることは可能です(走者の負担が増えそうなので運用方法は考えるべきですが)。

ルールの性質上何度もRTAを行う必要があるため、全体的なRTAの活性化を促すのであれば、こういった形式も悪くないかもしれません。

アイディア次第!ゲーム形式によるRTA

最後に「ゲーム形式」というものを紹介します。

RTA自体がゲームの遊び方なのに、ゲーム形式って何やねん!って話なんですが、TVゲームの話ではなく、ボードゲームとかカードゲームとかそういった類のルールをRTAのイベントに取り入れてみよう!という試みです。

例えば、「将棋」と組み合わせてみる。名付けて「RTA将棋」

まずはRTA走者をそれぞれ駒と見立てて並べていきます。本来の将棋では駒の種類によって動き方が変わり、自陣に20個の駒を並べるのですが、「RTA将棋」では上の画像のように盤面と駒を小さくした方がやりやすいでしょう。また、全ての駒が王将と同じ動き(8方向に1歩ずつ)とし、先手・後手が交互に駒を進めていきます。

さらに本来の将棋であれば、相手の駒に自分の駒を重ねることで駒を奪うことが出来ますが、「RTA将棋」では相手の駒に自分の駒を重ねることでRTAバトルが開始されます。重なった駒の走者2名でRTAを走ってもらい、負けた走者の駒が盤面から消失する、といった感じのルールでどうでしょうか。王将役の走者が負けるとそこでゲームセットです。

・・・実はこのネタは過去のTV番組の企画を元にしたものです。詳しい元ネタが知りたい方は「ジャイアント将棋」とか「ラスタとんねるず」とかでググってみてください。

もしくは同じく将棋をベースに考えるのであれば、複数名のRTA走者を集めてチームを作り、合計2チームで行う総力戦なんかでもいいですね。

普通は先手・後手と交互に駒を進めるわけですが、開始と同時に参加者全員でRTAを行い、1回完走したら自陣の駒を1つ進めることができるルール。とにかく早く完走できればそれだけ多くの駒を動かすことができるので、早い方が当然有利になるわけです。

短時間でクリアできる作品であれば、好きなときに好きなときに動かせる「リアルタイムバトル将棋」により近くなって面白いかもしれません。

大切なのは走者に敬意を払うこと

ここまで適当なこと書いておいてアレなのですが、今までに無い新たな形式でイベントを行う場合、一般の視聴者からすると「これまでに前例が無かった」というだけで途端に「分かりづらい」ものになってしまい、最悪批判の対象となってしまいます。

新しい機軸のものでも受け入れられる条件としては、過去に大会やイベント運営の実績がある、もしくは断固として継続する意思があるということでしょう。

また、どんな形でやるにせよ「RTAを見せる」というのが根本としてあるので、そのイベントに参加してくれるRTA走者に敬意を払って行うのが原則です(当たり前ですね)。単純に見たいからという理由だけでRTAの既存ルール自体に変更をかける、単純に採用する作品・カテゴリーを増やす、などは避けた方が賢明だと思います。

僕個人としては新しい形のRTAイベントがどんどん見たいし、自分でもやってみたい気持ちがあるので、「この発想は無かった」と思えるような企画を考えて実践してみてほしいです。

ミラー・TK募集はもう古い!NodeCGを利用した最新のRTAイベント運営

大会運営に革命が起こる!?

主にニコニコ生放送ではこれまで、ゲームタイトル・種類ごとに様々な大会が開かれてきました。

特にRTAの大会として最も大きく取り扱われているのが「駅伝形式」の大会です。

1チーム数名が集まり、おおむね1人1作品ずつRTAを行ってタスキを繋ぎ、最後の走者まで完走したところでゴールとし、数チームで競っていく大会の手法ですね。以前Twitter上でアンケートを取った際も、この「駅伝形式」が最も多くの人気を集めました。

「駅伝形式」で大会を運営する場合、基本的に走者が各自のコミュニティで放送を行い、それを運営側でミラー配信して競っている姿を見て楽しむという形がとられていると思います。

アクション系のゲームであれば1作品が比較的短めなので、次々と走者が切り替わるため、ミラー配信者側は頻繁に放送画面を切り替える必要があります。

また、RPG系のゲームであれば1作品が長めなので切り替える手間は少ないのですが、どうしても総じて長時間配信になるため、ミラーする側の配信者自体を別の人に切り替えて運営を行う必要が出てきます。

どちらにしろミラー放送を行う方は手間が多く、それなりのPCスペックや回線速度が要求されるため、なかなか人を集めることが難しい状況となっています。

この状況を打開できる光明となるのが、今回ご紹介する「NodeCG」と呼ばれるものです。

運営陣に朗報!NodeCGを知ろう

ではNodeCGとは一体何?っていう話なんですが、一言で言うと「ライブ配信のレイアウトをWeb技術で作るフレームワーク」とのことらしいです。

なんのこっちゃいって話なんですが、配信者側が放送に載せる画面をwebの技術で綺麗に作れる的な技術で、導入方法や導入事例は以下のリンクをご覧いただければと思います。また、RTA in JapanやGDQといった世界規模のイベントでもNodeCGが使われているとのことです。

ちなみにSapporoOfflineSpeedrunのTwitch配信でも、一応NodeCGを取り込んで運用はしていたのですが、知識・認識の不足からあまり上手に使うことが出来ませんでした。

そもそもJavaScriptとかサーバーサイドとか言われても、よく分からないし関係ないやと思ったそこのアナタ。ちょっと待ってください。

上記リンクではHTMLとかCSSとかを使って綺麗な配信レイアウトが作れるぞ!という紹介が主となっており、どちらかというとwebエンジニア向けの内容となっています。ちなみに僕は昔こそWindowsアプリとかを趣味で作ったこともありましたが、web技術のプログラムとなるとさっぱり分かりません。

しかしながら、NodeCGのスゴイ所は綺麗なレイアウトを作成するだけでなく、使い方次第でいろんな運用の仕方が出来る利点がありますので、いくつか紹介させていただきます(僕もまだまだ知識不足なので、認識や用語が異なる箇所もあるかもしれません)。

web技術やプログラムがよく分からないという方でも、NodeCGの大まかな概念は理解しておいて損はないと思います。

NodeCGのココがすごい!

僕はエンジニアでも何でもないためプログラムのことはまるで分からないし書くこともできないのですが、NodeCGがどんな仕組みで動いているか、そしてどんな利点があるのかを簡単に紹介します。

利点その1
配信画面を裏側で操作可能

NodeCGを実行すると、「Dashboard(ダッシュボード)」と呼ばれる操作パネル画面と「Graphics(グラフィックス)」と呼ばれる表示画面が起動します(プログラムによってはもっと拡張できるんでしょうがここでは割愛します。)。

「ダッシュボード」で操作を行うことで、「グラフィックス」に表示される画面が切り替わるようにすることが可能です。

よくあるRTA駅伝大会を例に挙げると、放送画面上ではRTA走者のミラー画面のほか、タイマーや走者・チーム名、進捗状況や解説の名前などを表示させると思います。

あらかじめ必要な情報を「ダッシュボード」に用意しておき、必要な場面で操作を行うことで「グラフィックス」に必要な情報が表示されるといった仕組みを作れます。

SapporoOfflineSpeedrunで使用したダッシュボード。プルダウンを選択することでレイアウト表示を変更することが出来る。

これまでのミラー配信の場合、名前や進捗の表示を切り替える際に、テキストの入力をしたり画像を変更したときなど、放送上に切り替える映像がそのまま映ってしまうなんてことがあります。

特に走者の放送画面を切り替える際には、原則ブラウザの画面を取り込んでいると思われるため、走者の放送画面以外の不必要な部分が表示され、あまり見栄えが良くありませんでした。

しかしながらNodeCGを採用することで、あらかじめ配信ソフトで「グラフィックス」のみを取り込んでおけば、裏で「ダッシュボード」を操作して画面を切り替えれば良いので、視聴者側には情報が瞬時に切り替わっているように見えます。

もちろんミラー配信が慣れている人であれば、放送画面に違和感なく情報の変更ができると思いますが、テキストの入力や画像の切り替え・移動、放送枠の移動などを状況に応じて対応する必要があるので結構大変な作業です。その点はすべての切り替えをNodeCGに任せることが(プログラムによって)可能なため、大幅に負担が軽くなると思います。

利点その2
ネットワーク経由でアクセス可能

さて、NodeCGを使用した配信の構造として、以下の要素になります。

  • NodeCGを実行する
  • 「ダッシュボード」を操作することで「グラフィックス」を動かせる
  • OBS等の配信ソフトで 「グラフィックス」を 取り込んで放送に載せる

実はこれらの要素は1台のPC内で全てを行う必要はなく、NodeCGを実行したサーバーにインターネット経由でアクセスすることが可能となっています。

極端な話、僕のPCでNodeCGを実行してweb上に公開するように設定すれば、世界中の人が僕のPCで動かしているダッシュボードを操作できるようになります。

実際に聞いた話ですが、RTA in JapanではシンガポールのサーバーにNodeCGのプログラムを置いて実行させておき、東京の会場からダッシュボードにアクセスして操作を行っているそうです。

つまり、上記3つの要素を別々で管理できるということなので、「NodeCGを実行するPC(サーバー)」「ダッシュボードにアクセスする人」「グラフィックスを配信する人」をそれぞれ分散させることが可能です。

これまで大会のミラー配信者は、各々のPCでRTA走者の放送画面を開き、OBS等の配信ソフトで画面を取り込んで放送に載せるといった手順を行うので、長時間になればなるほど、負担を分散するために出来る限り多くの人員が必要でした。

しかしながらNodeCGを採用することで、「グラフィックスを配信する人」は1人(1台のPC)で良く、インターネット経由で他の人が「ダッシュボードにアクセス」して、配信画面を操作することが可能なのです。

いくら長時間の配信になったとしても、運営側が誰もいないという状況はまず無いと思うので、誰かがダッシュボードにアクセスできれば配信画面を切り替えることができるため、多くのミラー要員を用意する必要がなくなります。

ちなみにインターネット経由で操作ができるということは、スマートフォンやタブレット等の携帯端末からでもアクセスが可能ということです。わざわざPCの近くにいなくても、スマートフォンの操作一つでミラー配信画面を切り替えることも出来ます。

利点その3
web上で可能なことは何でも作れる

NodeCGを利用するレイアウトは、普段インターネットのwebサイト上で使われているようなHTMLやCSS、JavaScriptなどで作成することが出来ます。

配信する画面を華やかにすることができるだけでなく、RTAに必要なタイマーはもちろん、ラップタイムや進行度、チーム順位、音量調整などの細かい数値の管理もすべてNodeCGに任せることが可能です。

こちらも外部から「ダッシュボード」にアクセスして、タイマーのスタート・ストップから、各チーム・各走者のラップタイムを記録するなんてことも出来ますし、点数制の大会ならポイントの管理であったり、おつかいのような条件式の大会なら課題の成否を、ボタン1つで操作して画面に反映させることが出来ます。

GDQなど海外のSpeedrunイベントでは寄付金の金額が定期的に流れてますが、おそらくそんな感じで管理して表示させていると思われます。

こういった大会の裏側で整理していく作業もすべてNodeCGに任せることが出来るため、TK(タイムキーパー)のような人員も不要となります。なんせダッシュボードにアクセスして、ボタンを押せる人間が最低1人いれば良いわけですからね。

駅伝向けダッシュボードの一例。画面表示を変更できるほか、ラップタイムの管理なども出来る。
※画面は開発中のものです。

RTAに限らず、これまでオンラインで大会の運営をされてきた方は分かると思いますが、どうしても運営だけではリソースが不足し、スタッフの募集を行うことが常にあったと思います。しかしながら、NodeCGを導入することで大幅に負担が軽くなり、人員を募集せずともスムーズに大会を盛り上げることが可能になります。

まとめ

  • 配信画面を裏側で操作可能
  • ネットワーク経由でアクセス可能
  • web上で可能なことは何でも出来る

とにかくNodeCGヤバイ!ということが伝わりましたでしょうか。

今回紹介した以外にもおそらく利点はあるでしょうし、アイディア次第でいろんな組み合わせで様々な運用の仕方が可能だと思います。

ただNodeCGを思い通りに活用するためには、web技術のプログラムが必要ですし、現状作成できる人も多くありません。もし興味がある方はNodeCGのDiscordサーバーに日本語チャットがありますので、こちらで質問してみましょう。僕も今回紹介するにあたり活用させていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

NodeCGという単語は聞いたことはあるものの、実際にどんな感じで使えるのか分からんという方が多いと思ったし、何より日本語で書いてあるサイト・情報が全然無く、もったいなく感じたので今回ご紹介させていただきました。

今後オンラインで行う大会を運営する上で、これまで運営に携わった方、これから大会の運営をやるぞ!という方にも、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

ADHDと診断されたったwww

自己紹介

どうも、僕です。先日札幌初のオフラインイベントを開催したわけですが、「そもそもアンタ誰?」「オフイベ開く人ってどんな人なん?」「何だこのおっさん!」等いろんな感想があると思いますので、この場を借りて自己紹介させていただきます。

ていうかこれは紹介というより、自己分析のために記しておく。というのが正しいかもしれません。良い意味でも悪い意味でも僕と言う人間を知ってもらう、かつ、自分はどのように考えて生きているのかを整理するために書き下ろします。

さて、いきなり突拍子もない紹介となりますが、どうも僕は「ADHD」「自閉症スペクトラム」とかいう発達障害がある人間らしいです。 先日お医者さんから診断を受けて結果をいただきました。やったぜ。

ADHDって何だ?って方は下記のリンクが分かりやすいです。

https://adhd.co.jp/otona/shoujou/

多動性
・貧乏ゆすりなど、目的のない動き
・落ち着かない感じ
衝動性
・思ったことをすぐに口にしてしまう
・衝動買いをしてしまう
不注意
・仕事などでケアレスミスをする
・忘れ物、なくし物が多い
・時間管理が苦手
・仕事や作業を順序だてて行うことが苦手

はい、見事に全部当てはまっておりますw

自閉症スペクトラムって何ぞ?ってのは下記のリンクへどうぞ。

https://www.smilenavigator.jp/asd/abc/

・対人関係が苦手
・強いこだわりがある

・視線が合わないか、合っても共感的でない
・表情が乏しい、または不自然
・名前を呼んでも振り向かない
・ひとりごとが多い、人の言ったことをオウム返しする

ん~何か近いものを感じるゾ。

自分自身ただのコミュ障のクズ野郎としか思ってませんでしたが、子供の頃から上記のページに書いてある感じの思い当たる節があり、今も人とうまくコミュニケーションが取れているような気はしないし、しっかりと計画を立てて遂行することはほとんどありません。

上記はあくまで症状として書かれているので、何か悪いイメージばかりで、「こんなヤツが主催とかしてんの?大丈夫?」とか思われそう。

けどこれって短所ばかりじゃなくて、長所にも成り得ることらしいよ。

多動性は行動的でアグレッシブといえます。また、不注意は視野の広さでもあり、 衝動性は瞬発力がある。 視野が広いということはいろんな発想が出来るということ、瞬発力があるということは迷わず決断することが出来るということです。

実はこの症状だと気づいたのは割と最近だったりします。たまたま仕事が暇だったので(笑)、ネットサーフィンしてて偶然こんな記事を見つけ、「おお、これワイやんけ!」と感じ、調べたものになります。

ある程度調べたところ、ADHDや自閉症スペクトラムは脳の障害であって、完全に治すのは無理。頑張れば改善なら出来るけどね。って感じらしいです。必要な手続きを踏めば、障碍者手帳も取得できるみたいですね。僕はめんどくさいからやってませんがw

周りの環境で理解が得られなかったり、尊厳を傷つけられたりして、「うつ」などの二次的な問題になる恐れもあるそうですが、幸い僕はそうならなかった。

前の職場では某ゲーム会社のサポートセンター的な業務をやっていましたが、不注意のせいでミスが続き、自分はダメなんだと思い込みながら過ごしていました。半ば諦めもあったんでしょうが、ダメだからヘコむというより、どうせダメなんだからテキトーでいいじゃろ的な感じで思考停止していたのが、不幸中の幸い?だったのかもしれません。

なんだかんだで5年くらい働いたけど何の成果も残せなくて、さすがにアカンやろってことで一念発起して昨年4月に今の職場へと転職してみました。今の職場ではこれから世に出す製品の検証を行うという業務内容で、ミスという概念がほぼなく、むしろミスすることで怪しい挙動を見つけることができることもため、自分にとっては好都合な職場です。

そうして仕事環境は改善されたものの、その職場には事あるごとに嫌味だの悪口だのを言う奴がいて本当に嫌な気分でした。例え自分への言葉じゃないと分かっていても、甲高い声で罵声を聞くと暗い気持ちになってしまうじゃないですか。せっかく心機一転頑張ろうという気持ちでいたのに、その陰湿な奴のせいで心身がズタボロになる。

何より嫌だったのは「あの歳でこれ出来ないの常識ないんじゃない?」というセリフ。人には出来不出来があるのを全く理解していない愚弄の仕方ですね。ましてやADHDや自閉症スペクトラムという発達障害を持つ人間にはとても嫌な言い回しです。けど幸いなことにそいつが今年の3月で辞職し、現在はとても平穏に過ごせています。おかげさまで心に余裕を持つことができました。

前の職場ではミスのせいで、去年までは陰湿な人間のせいで、下手すりゃ「うつ」になるような環境でしたが、今は心に余裕が出来たからこそ、自分自身を見つめ直すきっかけができたため、整理しておく意味でもここに記すこととしました。集中力がないのでそれでも文章がとっ散らかってますがw

オンラインでのイベントは何度か主催したことはありますが、人と人とが触れ合うオフラインでのイベントは初めてなので当然不安はありましたが、やったら絶対に楽しいし何より経験値になることは分かっていました。

変な前置きはここまでで、以降はRTAも絡めて記載していきましょう。

きっかけはサガシリーズ

ニコニコ生放送内のコミュニティである「サガ総合コミュニティ」で2010年11月13日・14日(8年以上前!)に開催された「ロマサガシリーズRTA駅伝対決」という企画があり、ニコニコ動画でミンサガ(ロマンシングサガ ミンストレルソング)の縛りプレイ動画を投稿していた方が生放送でこの企画に出るということで、RTAという遊び方を知ることになりました。

元々ミンサガは発売当初からプレイしており、青の剣と呼ばれる超レアアイテムを取ったりなど、自分にとって大好きなゲームです。通常プレイでは30~50時間かけてキャラを鍛えて強敵に挑むという至極真っ当な範疇で遊んでいましたが、そこにRTAという全く新しい遊び方を知り、完全に魅了されてしまいました。

それまでRPG作品は何十時間かけてクリアするのが当たり前だったわけで、それをほんの数時間でクリアしてしまうことに驚きました。調べたらDQやFFなど他のRPGでも数時間内にクリア出来てしまうらしい。「一体どうやってクリアしてるんだ?あのボスなんか相当鍛えないと無理だろ?」などRTAを初めて見る人が抱くであろう感想を例外なく僕も感じました。

駅伝は夜21時くらいからだったかな?深夜にかけて行われて、ロマサガ1の覇王色、ロマサガ2の状況再現、ロマサガ3の分身剣・・・とこれまでの自分の常識をひっくり返す戦略で次々とクリアしていく様を食い入るように見てたのを覚えています。

こんな面白い遊び方があるならやるしかないじゃないか!

ロマサガ駅伝終了後すぐさまAmazonで配信に必要な機材を買い漁り、コミュニティを作成(開設日が2010年11月22日らしい)し、RTAを始めることになりました。

そんなわけでRTAはミンサガから始め、サガフロ、サガフロ2、アンサガ・・・とサガシリーズを次々とやっていき、コミュ2周年になる頃には魔界塔士サガ~ミンサガまでの10作品を通しでやるなんてこともやりました。

他にも興味を持ったものはどんどん始めていき、ライブアライブ、ルドラの秘宝、FF10-2、帽子世界、ヴァルキリープロファイル、FFUSAなどRPGを中心にタイムを計って遊んでいます。

また、主に「サガ総合コミュニティ」にてオンラインイベントを開催しており、「SaGa 1 Grand Prix」「サガシリーズハード選抜駅伝対決 -閃-」「ごちゃまぜRTAタイマン対決」「ロマサガ2・3RTA大会」「箱1グランプリ」など、既存の形に捉われずにいろいろな形式でイベントを開催させていただきました。

(余談:初めて開催した「SaGa 1 Grand Prix」では現在RTA in JAPANの主催であるもかさんも走者として出場していただきました。実はもう6年くらいの付き合いなんですね。)

併せてイベントを開催するにあたり、動画作成を行うようになり、「第8回身内メンツでDQRTAリレー」から昨年の11回、今年の「DQ往復駅伝」までオープニング動画を作成させていただきました。

そして昨年末に行われたRTA in JAPAN 3でも会場受付として参加し、オフラインイベントの雰囲気を味わうことが出来、そして自分でもオフラインイベントをやってみようということで、SapporoOfflineSpeedrunが開催されたわけです。

走者としてプレイする他にも、イベント主催、裏方などでRTAに関わることが出来たので、いろんな目線で関わらせていただけたのは貴重な体験だと思います。

他界隈との交流を避けていた

ご存知の通りニコニコ生放送では、視聴者が自由にコメントを打つことができ、配信者とのコミュニケーションを行うことが出来ます。

当時はニコニコ生放送がRTAにとって最大の媒体であり、小さなコミュニティでもある程度のコメントが付きました。人気生主になればなるほどコメントの量も増え、全てに対して反応するのは難しいだろうなと思っていました。

僕はあまり喋りに自信がある方ではないので、コメントを頂いても即座に反応できず、スルーしてしまうことが多くあります。というかRTAに集中しているとコメントを見る余裕がなく、そのまま流れてしまうわけですね。

やっぱりコメントする側にとっては、生主に反応してもらえると単純に嬉しいし、面白い反応を期待してしまう心情が働きます。また、コメントする側の母数が増えると、どうしても「荒らし」と呼ばれる人間も増えます。

人気タイトルだと見に来る人も多いし、コメントも多くなるわけで、すべてのコメントに反応するのは困難だし、荒らしへの対処も面倒だ。そんな判断で本当は興味があったのですが、DQやFFといったビッグタイトルは避けることとしました。

FF10-2のRTAやり始めたときも検索ワード「FF」を含まないように、「65296-2」というタイトルで始めたくらいです。「これ何?」って聞かれても「16進数に直して」と答えるだけで良かったしね。同様の理由でRTAタグを付けなかったりとあまり人目につかないような、とにかく分かりやすいタイトル・説明文は記載せずにできる限り粛々とやってきました。

上手く立ち回れる人なら問題ないとは思うのですが、なんせ発達障害マンの僕には難しかった。衝動性があるのですぐに反応は出来るのですが、クソとかウンコとか無能丸出しの言葉しか出ないので、少し考えてから喋るようにしています。しかしながら考える時間が長いので、リアルタイムの放送では数分前の話題に反応することになってしまう。普段の会話でも、考えている最中に別の話題となってしまい、結果何も言えないという状態になってしまうことがよくあります。

かといって誰かに見せたいが為に放送しているのであって、全然人が来てほしくないわけでもないので、コメントの対応が追いつける程度のバランスで立ち回っていましたね。

そうして数年間やってきたのですが、ニコニコ動画自体の衰退とともに人が減っていき、放送枠を取っても誰一人からもコメントされない時期が続きました。そうなると当然面白くないので、何か手を打たないとと思ってたときに、何となく見た「身内6作DQリレー」の告知放送でスタッフ募集があり、RTA自体は走れないけど何かやってみようかということで、そこで初めてサガ以外の界隈への交流をしていくことになります。いきなりOP動画を任されたのは驚きましたがw

実際に関わってみるといろんな考えを持つ人がいるけど基本はみんな良い人だなと感じ、どんどん関わってみるのも悪くないなと思い、ずうずうしくも他の界隈に少しずつ関わることになりました。

おそらくこれまでいろんな方に迷惑をかけてしまっただろうし、考えてることが分からない・怖いという印象を与えてしまっているかもしれません。そんな中でも今でも交流してくれるニコ生サガ界隈の方々には本当に感謝しかありません。

オフラインイベントを経て

そうしてずうずうしくもRTA in Japanのスタッフに参加し、ずうずうしくもSapporoOfflineSpeedrunのために片っ端から声をかけて実現したわけですが、要するに僕はワガママな人間なんだなと思いました。

ただ自分がこうしたい、楽しみたい、だからこれをやる!ダメそうならじゃあこうやる!あっちはああだからこっちはこうやる!という感じで、ADHDの習性をうまく活用した事例だと言えるのではないだろうか。

最近はRTA関連の企画内容がどんどん思いつき、次に関わるイベントも楽しいものになりそうで割と楽しく過ごせていますね。

もちろん症状でいろいろと悩むこともあるのですが、悩んでるだけの時間がもったいないと思うようになりました。悩む暇があったら何でも良いから手を出してみよう。ゲームは勿論のこと、映画や本、Youtubeの動画など、今やいろんなコンテンツに手を出せる状況にあるので、興味が向いたものに片っ端から手をつけています。一見無駄だと思うことでも、どうでもいいと思った知識が何かに役立つことは良くあることなので、あまりそこは気にしてません。どこかで取り入れた知識が次のRTAイベントに役立つかもしれないよ?

そんなわけでこれからもワガママに生きていこうと思います。もちろん誰かに迷惑をかけるし嫌な気持ちにさせることもあるでしょう。出来る限り気を付けようとは思ってますが、だってしょうがないじゃないか。障害持ってるって言われちゃあさ。変な言い回しだけど、理解してくれる人だけ理解してくれれば良いです。

この文章書くのに10日くらい掛かったぞ!相変わらず文章下手クソマン全快でお送りいたしました。もしここまで読んでくださった方、ありがとう。